レーザーによるシミ治療の流れとは

###Site Name###

今現在、シミ治療の主流となっているのが、「レーザー治療」です。

レーザー治療はシミの原因となる、メラニン色素自体を破壊できる為、美白効果に優れています。施術時間も短いという事もあり、多くのクリニックで採用されているシミ治療です。

ただ、初めてレーザー治療を受けるとなると、どのような施術を行うのか、不安に感じてしまうでしょう。

納得のコトバンクの情報はココで集まります。

ここでは、レーザー治療の基本的な流れを、紹介したいと思います。
レーザーを照射する前には、シミのある場所に麻酔クリームを塗ります。

顔の皮膚は痛みに敏感ですので、そのままレーザーを照射すると、強い痛みを感じる為、まずは麻酔を行うのです。麻酔といっても注射ではなく、クリームタイプの麻酔ですので、痛みを感じる事はありません。

麻酔が効いてきたら、レーザーを照射します。

痛みの感じ方には個人差があるものの、麻酔の効果で輪ゴムで弾かれた程度の痛みくらいを、感じる方がほとんどです。

レーザーでの施術が終わったら、肌色の医療用テープを患部に貼って治療は終了します。

施術後はレーザーの熱により、照射した部分が軽い火傷を負ったような状態になっている為、治りを早める為と紫外線のダメージから患部を守る為、テープで保護をします。


患部はやがて、かさぶたのような状態になりますが、10日もすれば自然と剥がれ落ちるので安心しましょう。

レーザーでのシミ治療は1回で改善の効果を実感できるケースもあれば、何回か施術を受けなければ、シミが消えないケースもあります。

シミ治療情報に対応した情報サイトです。

1回の施術で消えなかったからといって諦めず、シミ治療を続ける事で、やがてシミの無い美肌になれるでしょう。